縁がわで星⭐️

自分を自分で生き戻すためにはじめました。こんがらがった糸をほぐしていくことが地味ではありますが、今の自分には必要なんです。自分にやさしいから人にもやさしくできる。自分が変わる過程が誰かのお役にたてたら本当に嬉しいです。愛と感謝を胸に。

小さなしあわせカウント

f:id:okaerimelon:20170627173947j:image

無事に出張から帰ってきた主人の

洗濯待ち中の洗濯ハンガーたち。

 

小さいしあわせカウント

f:id:okaerimelon:20170626133732j:image

今日のしあわせ。

窓越しの風景。

風に揺れる洗濯物。

 

喜怒哀楽の台風

f:id:okaerimelon:20170522162049p:plain

 

「お前は、自分で自分の首をしめているんだ!!」

 

高校生の時、部活の顧問に言われた一言が、10年以上経った今でも胸に響いている。

そしてそれは、現在進行形の話でもあり、つい先日もその出来事で家族をも巻き込み、

ひと波乱起きた。(起こした。)

 

もう、自分でもびっくりするくらい、止まらない、

自己否定。自分なんて、という考え方。

 

最初は、自分が悲しかったことを相手に素直に伝えられたのに、その後

①「いや、、、、、そういう風に感じてしまう自分が悪いんだ。」

②「また、私の一言であの人を悲しませてしまった。。(自分のせいであの人が悲しい顔をしている。)私が悪いんだ。」

③「なんで、私は、こうなんだろう。。。。」

 

というような①-③のようなことを延々考えてしまっている。

昔はこの状況に陥れば「はい、そうです。私はダメなやつです。」

ちゃんちゃん!ってことを終わらせていた。

(今思うと、それ自体が悲しい。そんなことないって思う。)

 

 

でも、それは嫌だ!!!!という抵抗が年々増していき、

今はこの状況をすーーっと遠くから見る自分もいて、

「嫌なんだよね、この自己否定のループ。」

「また、自分を責めたよ。こう考えてしまう自分はダメなやつ!という思いって、プラスの作用はあるの?なんで自分の感情にフタをするの?その時悲しかったんだよね?。そうでしょ?」

――そうです。そうなんです。

  でも、抜けられないんです。

抵抗すればするほど、苦しくて苦しくてつらい。

逃げ出したい。本来の自分に戻りたい。本当は悲しかったって言いたいのに、言えない。

っくくくくくく(涙)

 

今回の出来事はものすごかった。

自己否定派と自己否定辞めよう隊がばっちばちとやるから、

自分でも、もう、耐えられなくなて、

一人ベッドでタオルケットにくるまりうずくまる。

 

ジブリもののけ姫」でアシタカがタタリ神を退治した時にうけた呪いのアザがうずくように。)

 

ベッドでうずくまりながら、私は高校生の頃の自分を思い出した。

(***「お前は、自分で自分の首をしめているんだ!!」わかっているよ監督。でもわたしはこれでずっと生きてきたんだよ。だから、どうしたらいいかわからないんだよ。***そうだな。。あの頃私は、色んなことを我慢していたなぁ。あの時、本当のことや本当の気持ちを嘘でごまかしたり、我慢しなきゃと自分に言い聞かせなければならなかった理由は、もう自分がこれ以上踏み込んだら自分が壊れてしまうと思ったから。私の一言で家族を傷つけてしまうと思ったから。母がいなくなるんじゃないかと思って怖かったから。

でも言おう。今、この場で言おう。この場には私しかいないけど、あの時言えなかったこと言おう。***)

そうしているうちに、あの時の感情が蘇ってきてた。

「怒り」と「哀しみ」があふれ出てきた。

 

********

 

「出たらおしまい」

「問題は好機」

と、文筆家の服部みれいさんの言葉を自分の手帳にのこしていた。

この言葉に支えられた。

自分の感情を一人ベッドで味わいつくしながら、

「あー。出てくれたことは感謝だ。」

て思いながら、さらに泣けてきた。

「喜び」

 

****

勇気をもって、リビングにいる家族のもとへ戻る。

温かく迎え入れてくれた。

あーーー。ありがとう。。。!!!

 

****

今日はおとなりさんから頂いた山菜を料理するぞ!!

「楽しみ」

 

あーー。生きてます。

感情が循環しています。

いつまでも清らかであれ。。

 

いつのまにか緑だった

ゴールデンウィークを満喫したあとの一週間はつらい。

しかし、その後の二週間目から、あの黄金感はすーーっと流れるように姿を消し、

いつもどおりの日常に戻る。

いつもどおりだからって、つまらないとか味気ない日常ではない。。。

いつもどおりは、平和でシアワセだ。

 

今年は、「散る桜」に初めて美しさや風情を感じた。

満開の姿もそれは、もう、毎年見ても心から感動するし、

このままずっと散らないで、、、

ピンクのままでいて、、、

と思いを馳せるも、見事に散ってくれる。

もちろん、散らないままでいたら自然の摂理に反するし、

「なんと!!今年の桜は、、、散りません!!」

なんてことになったら、別の心配もしてしまうから、

桜だっていつもどおりでいてほしいのです。

 

****

 

桜の花びらがひらひらと散ってゆく姿に、

「は、はかないお姿、、、。しかし、これもまた、、良し、、。」

と思ったこと。

新しい気持ちの芽が、わたしの心にも!!!

 

嬉しい!!けど、ちょっと、モヤがかかる。。。

このモヤはなんだろう。

 

散る桜の美しさは、自分が年を重ねてみえてきた芽。

桜の満開って、若さ。ピチピチ感。青春謳歌の女子大生!

10代、20代のような「若さ爆発!」「若さでなんでもカバー!」「若いから可愛がられる」ことから卒業(今まで若さという年齢に頼っていた自分に気付かされる。)し、その後、周りから求められるある程度の大人スキルや生業、自立(自律)度、母になることなどへの対応。

大人スキルその他諸々について、正直自信はない。 

残念だが、わたしはどれの数値も標準以下だ。

 

…モヤはこの大人の階段のぼれてないと感じる自分かもしれない。

のぼれていない/標準以下は

「人と比べて」から発生している。

 

そう!!人と比べている!!

比べることで平均がとれ、標準や優劣がつけられるけれども。

誰かと自分を比較して、これはわたしの方が上。あれはわたしの方が下。下。下。。

この繰り返しに、意味はあるのか。

ポジティブでいればいいいのかもしれない。

わたしの方が下。下。。が続いても、

「次はがんばる!」「まだまだこれから!」

「自分にだってできる!」

そう繰り返し自分を励まし続けさえいれば安泰かもしれない。

 

でも、今日は無性に悲しくなるな、なんだか調子が上がらないな、

頭が重くてつらいな、なんて時にするりと入り込んでくる、デキル✩デビル!!

それはすれ違う人かもしれないし、となりで盛り上がっているグループだったり、

テレビの情報だったり、映画の主人公だったり。。

 

「なんで自分はこうなんだろう。。。」

そう思った瞬間、デキル✩デビルの笑み。。。。

負のループ完了!

 

この負のループってつらい。。自分に対してずっーと猛吹雪!

(猛吹雪の時に外に出ると、本当に息もできないくらい苦しい。)

 

自分と全く同じ人生、運命、生き方を辿る人はいない。

だから、自分の生き方の軌道修正をかける時は、

人と比べない。比べるなら、過去の自分・昨日の自分。

自分の中で、自分を育てていく。

過去の自分・昨日の自分と比べて0.1ミリでも前進すること。

 

それをちょっとずつ毎日続けることを、最近の日課にしています。

「他人じゃないヨ、自分自分。」

 

散る桜から私の中での「10代、20代への喪失」を感じたんだ。。。

それも、、また、、良い、、ではないか。

生きているんだもん。

それだけでも十分。

散っても良し、満開も良し、新緑も良し。

 

来年は、桜が、ただ在る、というだけで

もうオールオッケー!!✩

モヤなんてあーりません!

って思える、あっけらかんとした自分でいたい。

一歩前へ!迷いから信じるへ。

現在の目標!!ベストファイブ!!!!!

1.生活習慣を整えることで、本来の元気、活力を取り戻す。

2.自立し、地に足をつけ行動すること。

3.素直な人であれッ✩えがおを心がける。

4.思いやりの気持ちと行動をセットにする。

5.信じることを信じる。

 

そう決めて一日が経ちました。

だからと言って何か大きく変iわったことはなく(当たり前です。すぐ変わることができるなら、目標になんてしませんね。)

 

むしろ自分が決めたことに「あの時の決断は本当によかったのか?」と思い浮かぶことがあります。

わたしにもたっっっくさんあります。

でもね、信じましょう。

自分が決めた、その時の思い、思い出してね。

その時のあなたは悩みに悩んで決めたこと。

自分のこころの声を拾い上げて決めたこと。

 

だから、自分を信じるのです。最良の決断だったんだから。

だからあの時の誓いを胸に。。。✩

 

!! 2017.4.17 スタート !!

現在の目標!!ベストファイブ!!!!!

1.生活習慣を整えることで、本来の元気、活力を取り戻す。

2.自立し、地に足をつけ行動すること。

3.素直な人であれッ✩えがおを心がける。

4.思いやりの気持ちと行動をセットにする。

5.信じることを信じる。

 

2017年-2018年(平成29年度)

数秘術でいうとわたしにとっては、「6」の年。

この目標を念頭におきながら、虹色の一年にします。